山手プロムナード・コンサート - ~2003年秋、横浜山手と元町を舞台に産声を上げた古楽器によるクラシックコンサート~
☆チケット好評販売中!!☆
<全席指定>

山手プロムナード・コンサート第34回
~日伊修好150周年記念~

音楽と朗読で廻る
イタリア物語

―イタリアバロックの響宴―
古楽の名手たちによる華やかな演奏
ゲーテ「イタリア紀行」の朗読
ヴェネツィアとローマ、
美しい絵画や画像と共に!



◆聴きどころ
10月の山手プロムナード・コンサートは、ヴェネツィアとローマに関わるバロック作品をオリジナル楽器の名手たちの協演でお届けします。
チェンバロの渡邊順生、リコーダー山岡重治、チェロのエマヌエル・ジラール、バロックヴァイオリン渡邊慶子らの奏でる、初期~盛期イタリアバロックの傑作の数々。
加えて進行役の朝岡聡は、演奏の前にゲーテの「イタリア紀行」から2つの都市の描写を朗読し、当時のイタリアの空気を生き生きと伝えます。
ステージの背景にヴェネツィアとローマを描いた絵画や写真も映し出し、演奏と語りと一体となったユニークなコンサート空間が出現!
まるで、イタリアを旅しながら聴いているかのような贅沢さを味わえます。
秋の横浜みなとみらいホールでお待ちしています。
良席はお早めに……。

◆期日 : 2016年10月22日(土)


◆時間 : 14:00 開演

◆出演
   山岡 重治         リコーダー
   渡邊 慶子         ヴァイオリン
   宮崎 蓉子         ヴァイオリン
   エマヌエル・ジラール    チェロ
   渡邊 順生         チェンバロ
   朝岡  聡                司会/朗読

◆プログラム
   Giovanni Battsta Fontana(c.1571-1630)
   フォンターナ
    リコーダーと2つのヴァイオリンのためのソナタ 第14番

   Arcangelo Corelli(1653-1713)
   コレッリ
     リコーダーと通奏低音のためのソナタ ヘ長調 作品5の4

   Domenico Scarlatti(1685-1757)
   ドメニコ・スカルラッティ
     2つのソナタ(チェンバロ・ソロ)

   Luigi Rodolfo Boccherini(1743-1805)
   ボッケリーニ
     チェロ・ソナタ イ長調 G.13

   Antonio Lucio Vivaldi(1678-1741)
   ヴィヴァルディ
     リコーダー協奏曲 イ短調  

   ほか

※演奏曲は都合により変更される場合があります、ご了承下さい。


山岡 重治(Shigeharu Yamaoka):リコーダー
バーゼル・スコラ・カントールムにてリコーダーをH-M.リンデ及びJ.v.ヴィンゲルデンに師事。
その後、オランダのハーグ王立音楽院にてリコーダーをR.カンジ、リコーダー製作をF.モーガンに師事した。
1975年ベルギー、ブルージュ国際音楽コンクールのアンサンブル部門第一位、1978年ミュンヘン国際音楽コンクールのリコーダー部門最高位入賞。
帰国後は、リコーダーにおける演奏家、製作家、指導者として活動を続けている。
マイスターミュージックより「グリーンスリーブス~エターナル・リコーダー~」MH-3076(レコード芸術特選盤)他多数がリリースされている。
上野学園大学客員教授、東京芸術大学非常勤講師。


渡邊 慶子(Keiko Watanabe):ヴァイオリン
東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業後、オランダに渡り、アムステルダム音楽院にてヤープ・シュレーダーに、また、ハーグ王立音楽院にてシギスワルト・クイケンにバロック・ヴァイオリンを師事。
「レオンハルト・コンソート」、「ラ・プティト・バンド」、「18 世紀オーケストラ」等々、数々の古楽器オーケストラのメンバーとして活躍した。
帰国後は、チェロのアンナー・ビルスマをはじめ、内外の名手たちと共演。
1991年には「アーカディ音楽祭」その他の招きで渡米し、好評を博した。
独奏、室内楽、オーケストラ等で活躍。
1994年より2000年まで日本古楽コンクール(甲府)の審査員を務め、98年からは毎夏、都留音楽祭講師を務めている。


宮崎 蓉子(Yoko Miyazaki):ヴァイオリン
東京音楽大学器楽科卒業後、2004年渡英。ギルドホール音楽院にて研鑽を積む。
「ロンドン・フェスティバル・オーケストラ」、「オーケストラ・エイジ・オブ・エンライトメント」のメンバーとして活動しながら、ヨーロッパ各地のプロジェクトに参加。
帰国後はソロ、アンサンブル奏者として活動する他後進の指導にもあたっている。
現在「クラシカル・プレイヤーズ東京」メンバー。
これまでにモダンヴァイオリンを瀬戸揺子、景山誠治、バロックヴァイオリンを渡邊慶子、R.ポッジャー、S.スタンデイジの各氏に師事。
2014年マイスターミュージックよりソロ CD「Ciacconaチャッコーナ」をリリース。


エマヌエル・ジラール(Emmanuel Girard):チェロ
ソルボンヌ大学で美術史、フランス国立東洋言語大学で日本語、日本文学を学び、パリ国立高等音楽院チェロ科を一等賞を得て卒業。同音楽院古楽器科でも学ぶ。
現在、レ・タロンリリック、ラ・シャンブルフィルハーモニック等の主要メンバー(通奏低音、アシスタントソロ等)として活躍。
桐朋学園大バロックチェロ科の特任教授として、マスタークラスやレッスンで、後進の指導を行っている。ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者でもある。


渡邊 順生(Yoshio Watanabe) : チェンバロ
鎌倉生まれ。一橋大学社会学部卒業。ピアノを宅孝二、チェンバロを小林道夫に師事。
アムステルダム音楽院にてチェンバロをグスタフ・レオンハルトに師事し、1977年最高栄誉賞付ソリスト・ディプロマを取得。
1980年には、チェンバロ奏者としてオランダで3人目のプリ・デクセランス受賞の栄誉に輝いた。
1980年帰国以来、古楽器演奏の啓蒙と普及に努め、精力的な演奏活動を展開。
CDを多数リリース、『モーツァルト:フォルテピアノ・デュオ』(ALM)で2006年度レコード・アカデミー賞を受賞。
著書に『チェンバロ・フォルテピアノ』(東京書籍)がある。
第42回(2010年度)サントリー音楽賞受賞。
上野学園大学客員教授、国立音楽大学、桐朋学園大学及び東京音楽大学講師。



◆チケット  
    <全席指定>
        一般前売:4,000円/当日:4,500円
    学生:2,500円
              
       ◆横浜みなとみらいホール友の会<Miraist Club>
        会員(一般前売):3,500円
         ※同ホールチケットセンターでお買い求めください。
        ◆山手プロムナードコンサート友の会[会員割引]
        会員(一般前売):3,500円

  ※未就学児の入場は ご遠慮ください。  
  ※学生券は大学生まで。入場時に学生証をご提示ください。
  ※会員割引は 「山手プロムナードコンサート会員」に限ります。
      なお、山手プロムナードコンサート会員のお客様は
    オフィス・アルシュ(電話: 03-3565-6771 / 平日10:00~17:00
    までお申し込みをお願いします。
 

◆ ご予約・お問い合せ
    オフィスアルシュ  (平日10:00~17:00)
    電話 : 03-3565-6771
       
◆チケット扱い
   電話 : 045-682-2000
     ※休館日を除く 10:00~19:00
   電話 : 0570-02-9999
   Pコード 301-264
   
      電話 : 03-5685-0650
      ※休館日を除く 10:00~19:00

   電話 : 03-3952-5515
     ※月曜日を除く 10:30~19:00
 


◆コンサートチラシのダウンロードはこちら から◆

◆主催 : 横浜古楽プロジェクト
◆協力 : 横浜みなとみらいホール/K Productions
◆協賛 : キタムラ/スタージュエリー/ポンパドウル/
              霧笛楼/ロデオドライブ/(株)横浜君嶋屋/
        みなとクリニック/イケダ歯科医院/
              羽杖会(中央大学附属横浜高等学校同窓会)/
              横浜植木(株)/三丸興業(株)