山手プロムナード・コンサート - ~2003年秋、横浜山手と元町を舞台に産声を上げた古楽器によるクラシックコンサート~
音楽監督紹介



渡邊 順生 Yoshio Watanabe
渡邊 順生 Yoshio Watanabe
鎌倉生まれ。一橋大学社会学部卒業。ピアノを宅孝二、チェンバロを小林道夫に師事。
アムステルダム音楽院にてチェンバロをグスタフ・レオンハルトに師事し、1977年最高栄誉賞付ソリスト・ディプロマを取得。
1980年には、チェンバロ奏者としてオランダで3人目のプリ・デクセランス受賞の栄誉に輝いた。
1980年帰国以来、古楽器演奏の啓蒙と普及に努め、精力的な演奏活動を展開。
CDを多数リリース、『モーツァルト:フォルテピアノ・デュオ』(ALM)で2006年度レコード・アカデミー賞を受賞。
著書に『チェンバロ・フォルテピアノ』(東京書籍)がある。
第42回(2010年度)サントリー音楽賞受賞。
上野学園大学客員教授、国立音楽大学、桐朋学園大学及び東京音楽大学講師。